振袖

ミントブルーの波に大きな橘、さらにその中に宝尽くしや花の文様が緻密に描かれています。橘とはミカンの一種で、古くから健やかな人生を象徴する吉祥文様として愛されてきました。
上半身にはレモンイエローの雲取に梅と楓、そして金箔が贅沢にあしらわれています。
現代的な色使いをしつつも伝統的な柄ゆきが美しく目に映ります。
お顔回りは白地が多くすっきりとしているので、刺繍の半衿や伊達衿でコーディネートの選択肢が広がります。
コーディネートの一例として、上半身のレモンイエローと相性の良い朱色の伊達衿をもってくることで白地を引き立たせています。他にもグリーンや黄色系統でもまとまります。