きものには振袖、訪問着、浴衣など様々な種類があります。
それらをここでは、「格」ごとに分類していきましょう。
お召しになるシーンやお立場に応じたきもの選びのお手伝いも致しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

第一礼装

留袖
既婚女性の最上格。 上半身にはお柄がありません。ご親族の結婚式でよく見られます。

色留袖
既婚、未婚問わずご着用いただけます。上半身にはお柄がありません。 五つ紋がつくと留袖と同格です。一つ紋・三つ紋を入れることも。

振袖
未婚女性の第一礼装。袖丈が長いのが特徴です。成人式や、ご友人の結婚式に。

●洋装の場合

男性
モーニング/イブニングコート

女性
アフタヌーン/イブニングドレス

準礼装

訪問着
裾に加え、胸、肩、袖に模様が絵羽調(縫い目をまたがって柄が繋がるよう)に施されています

付下
訪問着よりも柄ゆきが控えめで、一般的には、上前と衽程度しか模様が繋がっていません。 着用範囲の広いきもの。

色無地
黒以外の単色で染められたきもの。紋の数で格が変わります。 色によっては弔事にもお使いいただけます。

●洋装の場合

男性
ディレクターズスーツ、タキシード、ブラックスーツ

女性
セミ・アフタヌーン/イブニングドレス、カクテルドレス

おしゃれ着

小紋
模様が繰り返し入ったきもの。

御召
糸を染めてから織られる、織りのきもの。きものの他、コート用のお生地としてもよく使われます。

伝統織物
織りのきものの代表。全国各地で特色を生かした様々なものがあります。

浴衣
花火大会やお祭りだけではなく、最近では手軽な街着としても人気があります。夏場(7月・8月)に着用します。

●洋装の場合

男性
ブラックスーツ、ダークスーツ

女性
インフォーマルドレス