首里城の火災

2019年10月31日

おはようございます。ゑり善の亀井です。
朝の冷え込みが一段と厳しくなってまいりました。紅葉も一気に進んでいるように思われます。

今朝目覚めてテレビをつけると目を疑うような映像が飛び込んでまいりました。
「沖縄の首里城の正殿と北殿が全焼」とのことです。さらなる延焼が心配されます。

首里城は、琉球王国時代の約500年前に建てられた建造物です。第二次世界大戦の沖縄戦で焼失。
時代の影響を受けながらも、平成4年に正殿が復元され、平成12年には「世界遺産」に登録されました。

私も沖縄に足を運んだ際には、必ず見にいっていたまさに沖縄のシンボルともいえます。
海外との交易が盛んであった琉球王国が、本土とは異なる独特の文化を築きあげてきた歴史を知り、日本文化の豊かさを感じることができる建物でした。

近年でも修復を長年なさっておられたとのことで、多くの方々の知恵と技術の結集である建物が焼け落ちてしまった光景を見るとただただ悲しい気持ちしかありません。

沖縄の観光地としての人気と同じように、お着物の世界でも、琉球紅型や首里織など「沖縄の染織」は非常に人気がございます。沖縄の各産地の特色あるお着物は、見ているだけでも心が躍ります。
昨日もお客様と紅型の美しさ・コーディネートの楽しさをお話しさせて頂いていたところでした。
世界の文化が混ざり合い、その過程の中で美しい染織が磨かれてきました。
沖縄大戦という技術の存続が困難な状況を乗り越えて、たゆまぬ努力で生み出されてきた沖縄のお着物。

私たちができることは、沖縄の土地で守り続けてこられた技術と、磨き上げてこられた美意識を、より多くの方にお伝えすること。
その責任を強く感じるニュースでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。