双美展のご案内【150回の歩みに想いを馳せて】

2020年08月23日

いつも誠にありがとうございます。
ゑり善の専務取締役の亀井彬です。

本日8月23日からは二十四節季では【処暑(しょしょ)】となります。

日中の暑さに比べると朝夕の涼しい風が心地よく感じる季節。
暑さも峠を過ぎるころ。秋の実りや花の便りも届き始めます。

着物の世界においても、夏のお着物を楽しみつつも、単衣のお着物の準備や、袷のお着物に袖を通す日が待ち遠しい季節ではないでしょうか。

古くから愛され続ける秋草の柄をあしらった帯
実りを祝うような遊び心のある帯、
秋らしい深みのある色に目が留まり、
温かみのある紬の風合いも、これからの季節は恋しくなってまいります。

是非この秋もお着物をより多くの方に楽しんでいただけることを願っております。

そんな中で、弊社の展示会のご案内です。
毎年9月に開催をさせて頂いております秋の新作発表である「双美展」を今年も各店で開催をさせていただきます。

双美展ー秋の新作発表会ー

日程や問い合わせ先などの詳細は以下のリンクからご確認くださいませ。
https://www.erizen.co.jp/tenjikai/sobiten-autumn/

春と秋に行う新作発表展を「双美展」として始めたのは、今から83年前。
昭和12年3月14日に第1回を京都美術倶楽部で開催致しました。

「双美」とは、花の美しさと、着物の美しさの二つの美の競演。
小原流家元の六合軒光雲先生の”生花”と春のきれいな半襟が会場を華やかにしていたようです。
当時としては珍しい取り組みだったようで、絶賛を博したので、第2回を開催する運びになったとも。

ここにその2回目の新聞の広告がございます。

双美展広告

<京都日出新聞 昭和13年3月7日>

花が主なのでございます。
帯はどこまでも従で
何かお気に召したものがあって御用をいただければ
これは花も実ったことになるのでございます。

皆様のおかげで、今回で150回目を迎えます。
花の美しさに包まれて、皆様とお着物談義できますこと、心から楽しみにいたしております。

コメント

  1.  処暑をすぎ 八ヶ岳には朝夕秋風の兆しが訪れています。お祭りの無い夏 はじめての浴衣に袖を通して出かけた夕、双美展の御案内を手にしました。長い歴史と「~お気に召したものがあればご用をいただければ~」 ゑり善さまの” 正商”の心が今に続いておられると感銘うけました。
    東京も京都もまだ遠い秋を迎えることになりそうですが、名残の夏衣で お茶を一服、”お着物ごっこ”と熟女4人で楽しんで居ます。御案内有り難うございました。

    1. いつも誠にありがとうございます。ブログ移設のためお返事を失念しておりまして大変失礼致しました。
      すっかり京都も涼しくなってきており、秋の訪れを感じるようになりました。そちらはもっと季節が進んでいるのでしょうね。
      お着物ごっこ?とんでもないことです。お召しになって歩くには、本当にぴったりの季節がやってきました。是非お着物でのお出掛けを企画してくださいませ。

  2. ほんの少し陽射しが和らいできたように感じます。
    専務様の仰る通り…まだ袖を通していない夏のお着物に心を置きつつ、先日作って頂いた美しすぎる単衣のお着物に心が揺れ…この秋こそは紅花紬を綺麗に着こなしてみせるぞ、と心逸らせる今日この頃。

    私が初めてゑり善さんにご縁を頂いたのが昨年のお盆過ぎ。
    初めて寄せて頂いた催しが11月の蔵ざらえ。
    それから少しずつお着物や帯を揃えて頂いて…
    巡ってきた大好きな季節、秋。
    記念の150回双美展にお祝いをお伝え致しますと共に、私自身をも豊かな秋色に染めてくれる出会いがあるのではと胸踊らせております。

    『双美』の由来を教えて頂き、その深さに「ほぅ…」とため息をつき。

    ー 花が主なのでございます
    帯はどこまでも従で
    何かお気に召したものがあって御用をいただければ
    これは花も実ったことになるのでございます ー

    この言葉に心の全てを奪われました。
    そして、花ではなく帯のような人でありたいと、そう思いました。
    花と帯…
    社交ダンスでのリーダーとパートナーの関係に通じるものが有るような無いような…(笑)

    1. 吉川様 いつも誠にありがとうございます。
      双美展お楽しみいただけましたでしょうか。お着物姿とっても素敵でございました。
      弊社といたしましても、これだけ長く続けてこれましたのも、いつもご贔屓くださる皆様のおかげでございます。
      早速つぎの151回目に向けて作戦会議を始めてまいります。これからも皆様にお喜びいただけるように心がけてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。