きらりと光るセンス「帯上」

2019年10月15日

おはようございます。ゑり善の亀井です。

本日はお着物の大切なアイテムである『帯上』についてご紹介いたします。

帯上に対して、皆さまはどのような印象をお持ちでしょうか。
「帯上って、着てしまうとあまり見えないのよね...」
このお声はお客様からよく聞きます。

確かに帯上は、お着物や帯・帯〆に比べると、帯の中に隠れる部分も多く、お客様自身が見える箇所はほんのわずかなアイテムです。

でも実は、周りの方からするとよく見えるアイテム!

特に、お着物での立ち姿を横から見ると、帯のお太鼓の中が見え、その時に帯上がちらりと見えます。
茶道を長くされている方からお教えいただきましたが、お茶席でお運びをされている方の帯上は確かによく見えます。

礼装のシーンであれば、お着物と帯の調和をとるような色味を選び、
ご普段のおしゃれ着であれば、思い切ってお好きな濃い地をもってきていただいても素敵です。
しわになりにくい生地を選ばれると、お召いただいた後のお手入れも楽になります。

帯上は、店内入ってすぐに陳列しており、礼装用・おしゃれもの、そろってまいりますので、是非お気軽にご覧になってくださいませ。季節にピッタリの柄の帯上も置いてございます。

あまり見えないところだからこそ、こだわってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。