関岡 のすべての投稿

記録

総務部は社員の出退勤管理などもしておりますが、何事にも原則と例外があるように、社内でも<特例>というものは存在します。それをきちんと記録に残しておくと徐々に<前例>が増えていき、様々な事情をパターンで判断しやすくなります。しかし、目の前の問題が解決すると、ついそのまま過ぎ去っていきがちです。記録に残すひと手間を大切にしたいですね。

気持ちで

毎月14日と月末、備品の買い物に行くのですが、ドラッグストアに中国人の店員さんがいらっしゃいました。私が在庫について質問をしたときに、少し日本語に慣れない様子だったのですが、とても親切に教えてくださいました。一生懸命に説明してくださったので、意味がよく伝わってきました。やはり、言葉よりも気持ちが大切だと実感しました。

通っただけでも…

ゑり善では、毎朝9:00~ 交代で各所を掃除します。私は、今日は階段掃除でした。いつも思うのは、「人が通るだけでこんなにゴミが溜まるのか」ということです。特別 何かの作業をしたわけではなく、ただ降りたり上ったりしているだけなのに…。掃除をしたあとは、どことなく床も光っているように見えて気持ちがいいものですね。

やってみて分かること

社内の電話機が新しくなって二週間ほど経ちました。操作方法や着信音の聞き分けに少しずつ慣れてきましたが、使ってみて新たに気づくことも多い今日この頃です。そういった気付きを社内で共有するために、ポイントを書面化しようという動きもあります。電話に限らず、何事も入念に計画を立てていても、運用してみて初めて分かることって本当に多いですよね。共有を重ねることでよりスムーズになるよう、私も協力していきたいです。

時候の挨拶

手紙やメールを書くときは「時候の挨拶」というものを添えますが、季節に合わせて何を書くか…ワンパターンになりがちでいつも頭を悩ませます。実際に感じていることでも、あまりマイナスイメージの強い言葉(花粉、暑い、寒いなど)ばかり使うのも考えものなので、風景や季節の花などを取り入れたいものです。そのためには日頃からアンテナを貼り、季節を感じ取る力が必要だと痛感します。バリエーションが増やせるよう、今日の帰り道も二つほど考えてみたいものです。