インターシップ

今年は積極的に告知をしてインターンシップを開催することはしていません。それでも何かの機会にゑり善のことを知ってインターンシップの申し込みをしてくださる方も少しはいらっしゃいます。そのような場合は出来る限りカスタマイズした形でインターンシップまたは店舗の見学を行うことにしています。パッケージ化された内容ではないので開催する側の技量も必要になりますが「少数を相手に中身の濃い採用活動」を行っているゑり善にとってインターンシップも同様に中身を濃く行います。

色々な意見がある中で

世の中には色々な意見や考えがあります。例えば新型コロナのワクチンを接種する、接種しない、オリンピックやパラリンピックの開催に賛成・反対。子供の授業の再開に賛成・反対など特に今は多くの意見を目にします。もちろん大学のゼミやサークルでも様々な考えが出ることでしょう。本当に素晴らしいと思える人は自分の意見と異なる内容でも一度受け止めて、そのように相手が考える背景や経緯を理解することが出来る人だと思います。文字にすれば簡単なことですが、これがなかなか現実には難しいものです。人間はいくつになってもより良い自分づくりを目指す責任があるように思います。

1年前とは大違い

1年前の8月21日に総務部や商品部があるフロアの大規模な配置換えを行いました。床の上だけではなく、電話やパソコン、プリンターなどのケーブルを動かさなければならず、残暑が厳しい中、ホコリと汗にまみれての作業をしたことが鮮明に記憶に残っています。配置換えのお陰でこの1年間 効率よく快適に仕事をすることが出来ました。同じ8月21日でも今年は朝夕は涼しさを感じるぐらいの気温となっています。夜の寝苦しさが無いのは身体にとってありがたいです。

もう一人の自分

先週末より夏の休みを取得しました。この時期とは思えない雨が続き、外出には不向きでしたが気温は例年ほどは上昇しませんでしたので家の中の片付けなど「やらなきゃな」と思っていたことに取り掛かる時間が取れました。書類なども日頃から整理しておけば問題ないのですが、つい「今度まとめて」などと思い放置していると大変な分量になってしまいます。頭ではわかっていても繰り返してしまう、プライベートではちょっと怠け者の顔も持っています。

2回目の接種

先日に新型コロナの2回目の予防接種を受けました。モデルナ製のワクチンは2回目の接種のあと8割近い人が37.5度以上の発熱があるらしく、私もその多数派に入りました。滅多にない領域の高熱でしたが、風邪やインフルエンザの発熱のような息苦しさや悪寒、咳や喉の痛みなどの症状はありませんでした。(あくまで個人の感想です)新型コロナの後遺症に悩んでいる方も多いと聞きます。それに比べると1日か2日の発熱の方を選ぶ方が良いと発熱の中、考えていました。(あくまで個人の考えです)