決算末の棚卸し

ゑり善の決算は6月です。つまり明日が決算末になります。学生の方でもアルバイト先で経験されている人も多いかと思いますが、明日は棚卸しを行います。着物だけではなく小物や裏地なども数えるためなかなか大変な作業になります。支店間の商品移動を停止いたり、個人の担当棚を整理したりと数日前から準備に入っています。明日が棚卸しの本番、不明品が無くスムースに終わりたいものです。

長年のお付合い

ゑり善には50年を超えて勤務している社員もいます。経験豊富なため着物についてのレアケースの相談事などにも見事に対応が出来て、若い社員もその知識と経験から多くの学びを得ています。そのような50年を超える社員の一人が今月で退職されます。長年にわたって担当してきたお客様の引継ぎやご挨拶などで最後まで大忙しの日々を送っています。働いている限りは誰もが引退の日を迎えることになります。お客様から惜しまれて退職するというのは営業冥利に尽きることです。

1年後はどうなっているのでしょうか?

以前なら梅雨時期にはリクルートスーツで汗を流しながらオフィス街を歩く就活生を多く見かけました。「大変だけど、頑張って!」と 心の中で応援していたものですが、昨年、今年とめっきり見かけることが減りました。オンラインの就活が主流になったからでしょうか? オンラインの就活は物理的に離れている学生と企業を結び付けるという点で魅力的です。対面はオンラインよりも情報量が多いという利点があります。ワクチン接種が進んでいると予測される23年卒の就活はどのようになるのでしょうか?オンラインを残しつつ、接種が終わった人限定の対面説明会なども出現するかも知れませんね。

空を見つめて

昨日 名古屋店の社員がセレクトした商品の発送が午後5時頃に行われます。先ほどから本店周辺には雷を伴う激しい雨が降っています。運送会社のトラックが到着する頃には雨が上がっていて欲しいです。言うまでもなく絹製品は湿気には弱いですから大雨の時の付き込み作業には神経を使います。

当日をイメージして

25日(金)と26日(土) 名古屋店開店50周年の記念セールをウインクあいちで開催します。本日は名古屋店の営業の社員がセール用商品のセレクトのため本店に来ています。お客様の お顔をイメージしてお好みに合いそうな商品を選ぶので半日以上の時間がかかります。お客様に喜んでいただける展示会を開催するには念入りな準備が必要です。