平和な日に感じたこと

昨日は休日だったので自宅から歩いて行けるところに咲いている桜を見に行きました。青空の下に咲く花を眺めるのは長閑で良いです。平穏な休日を過ごしながらも今この時も桜どころではない日々を送らざるを得ない人たちが同じ地球上にいることも頭の片隅によぎりました。世界の全ての人が平和に花を楽しめる日の到来を願います。

地味ですが頑張りました

会社の業務ではお客様、社員、それに就活生の個人情報をはじめとする機密情報を扱うことがあります。紙ベースのものも 多くあるのですが地球環境保護のため現在は焼却をすることが出来ません。京都市の場合は市が指定する業者に依頼してリサイクルを行います。コピー用紙などはリサイクルが可能ですが、カーボン紙やめくって2つに開くタイプのハガキはリサイクルできません。本日は土曜日で電話や業者さんの来店も少ないことから、リサイクル可能な紙とそうでないものとの仕分けを行いました。会社の利益を生みだす業務ではありませんが、ゑり善も社会の一員としてゴミの仕分けで環境保護に努めています。

多くの人です

暖かさもあってか四条河原町の周辺も人出が多くなっています。特に春休みに入った高校生、大学生らしき人たちを多く見かけます。オンラインで色々なことが出来る世の中になりましたが、それでも直接に会うことも必要なんですね。感染防止対策だけは怠らないようにしましょう。

自分史上最速でした

昨日の就業時間前に京都ジョブパーク事業の「大学生の業界研究のための資料作成」への掲載と取材依頼の電話がありました。京都府から委託された学情です。電話の主は現在学情にインターンシップに参加している大学生からでした。「インターンシップが明日(3月25日)に終了するので翌日の午後には完成させたい」という何ともタイトなスケジュールでした。取材を受ける時間の捻出、そもそも「この事業はどのようなものかの確認」などをしなければなりません。ただちに企画書をメールで送っていただき、翌日の10:30までに参加の有無を回答することにしました。せっかくインターンシップで頑張っている学生からの依頼なので何とかして協力することにしました。朝一番で参加の意思を伝え、急いで資料に掲載する写真を撮影写真は若手社員の集合写真にしました。10:30からオンラインで取材を受けました。その学生は事前にゑり善のことを熱心に調べていたようで取材は順調に進みました。1度校正を行い先ほど完成しました。これまで作成した学生向けの企業紹介の中でもダントツで短い時間での完成となりました。完成した資料は4月以降に京都府内の大学のキャリアセンターに配布されるそうです。

さくら・さくら

そろそろ桜も見頃となり人出が更に増えたように感じます。1年後がどうなっているのか分からない世の中ですから今年の桜を見逃すのはもったいない気持ちも良く分かります。宴会や大声は控えて静かに花を楽しみましょう。