明日から始まります

明日から5日間 京都四条の本店で今年最後の催し“掘出し市”を開催します。師走の京都も賑わいを取り戻しています。着物姿で人が集まる世の中も見えて来たように感じます。お客様と着物の良い出会いが見られる掘出し市を願います。

就活生向けの文書

この時期は就活イベントや採用ナビの原稿を記入する仕事が多く入ります。ただ文字を埋めるのではなく、ゑり善の本質や企業姿勢を客観的に見つめ、読み手の思いを想像しながら作成しています。たくさんの情報があふれる中、就活生もじっくりと文章を読み込む時間も取れないでしょうから、出来るだけ一読でわかりやすい文面を考えています。

15秒のプレゼン

来年1月に行われる京都産業大学のキャリア教育の授業で行われる社会人と学生とのオンライン交流会用のビデオ撮影を行いました。ゑり善の若手社員が学生に15秒で語り掛けるものですが15秒で魅力を伝えるのは結構むずかしいものです。出来上がりがどのようになるのか楽しみです。

お披露目

外装のリメイクをしていたゑり善本店ビルの工事用足場が撤去され、化粧直しされた姿を現しました。きれいな仕上がりになっています。四条通側の看板も綺麗にしていただきました。近くにこられたら是非ご覧ください。

中学生のご来訪

先日、京都市内の中学校に通う2年生4名が本店を訪れました。目的はゑり善オリジナル商品の“葵祭風呂敷(ふろしき)”を見ることでした。中学校の文化祭で京都の3大祭りについて発表を行うそうで、来店した4名は葵祭の研究発表を担当することになったそうです。商品として取り扱っているものの葵祭に関しては私たちよりも詳しい人が大勢いるわけですが、せっかくお越しいただいたのですから、風呂敷の歴史、京都三大祭りの特徴、葵祭の風呂敷の原本となる版画作成者についてなどを説明しました。会社の利益には直結しませんが、このようなことも大切なものだと思います。