新しい生活様式

明日からは10月、3密を回避しつつも 色々なイベントが工夫を凝らして開催されるようです。この状態は少なくとも半年、長ければ3年ほど続くかも知れません。そのつもりで試行錯誤をしながら スポーツ観戦、観劇、観光などを行っていくことになりそうです。

今 思えば

以前は人事関係のセミナーに多く参加する機会があったのですが、コロナの影響でほとんど開催されることが無くなりました。その代わりウェブでのセミナーが増え私も時々参加しています。それぞれ長所と短所があると感じています。ウェブで移動時間がゼロになるのは良いのですが、今思えば往復の時間もそれなりに無駄ではなかった気がします。見える景色や通行人の様子から情報を得たり、会場付近で昼食を取り刺激を得たりと。当たり前にしていたことも出来なくなると貴重なものだったということが他にもあるかも知れません。

こんなときこそ

先日  銀杏(イチョウ)の木の下を歩いていたら銀杏(ぎんなん)が幾つか落ちていました。ときどき通る道なので もっと前から落ちていたのかも知れませんが、 銀杏(ぎんなん)に気付いたのはつい先日でした。今年は新型コロナで心の余裕が少なく 気付かなかったのかも知れません。こんな時こそ 季節の変化を楽しむ ゆとりを持ちたいものです。

健康観察表

新型コロナの対策でゑり善の社員は出社前に「健康観察表」を記入しています。体温、咳の有無、倦怠感などいくつかの項目をチェックするのですが、新型コロナの感染防止だけではなく、毎朝 決まった時間に自分の体調をチェックすることは良いリズムを作るためにも続けたいです。

この後どうなるでしょう

4連休(シルバーウィークとも呼ぶそうですね)の期間 四条通の人通りも多く、京都市内でも他府県ナンバーの乗用車を多く見かけました。人の移動が多くなったことで、また新型コロナの感染者が増えては困ります。しかし感染者の数に変動が無ければ これまで我慢していた人も動き出し世の中に活気が生まれるでしょうね。もちろん後者を願いますが、希望的観測は出来ません。