社会人のお別れ

ゑり善は何社かの仕入れ先から商品を購入しているのですが、その中の1社の担当の方が今月で定年になられ、本日が直接お会いできる最後の日となりました。明るく元気な方でしたので、まだまだお勤めになると思っていたのですが、寂しいものです。学生時代の卒業は 「それぞれが異なる道を進む」ものですし、学校の天候は「転校先でも頑張って! また会おうね」という「頑張って」が付くものです。これらの学校でのお別れとは また異なるのが定年のお別れです。「お世話になりました。これからもお元気で」という感じで 社会人になって初めて経験するタイプのお別れです。

新しい会議

本日は午前中から会議に参加しました。銀座店、名古屋店からはリモートで参加、Zoomを使った会議にも慣れてきましたが、自宅から参加の場合は回線の状況により通信が不安定になることがあるのは課題です。それでも遠方から新幹線で往復していたころのことを思うと経費と時間が大きく節約されています。

2分間の積み重ね

仕事の中には比較的楽しみながらできるものと、やや気が進まないものがあります。本日の仕事の中には、やや気が進まない範疇に入るものがありました。こういうときには到達点または進むべき方向を定めて、大まかに手順を考えてから着手しています。ほとんどの仕事は細かく分ければ 2分ぐらいで出来る作業の集まりだと聞いたことがありますが、2分間なら気が進まない仕事も取り組めます。2分間仕事を積み重ねると、いつの間にか仕事も進んでいます。本日は改めてそのことを実感しました。

恩恵を忘れずに

今朝の出勤時も陽射しが強く 街路樹の木陰に随分と救われました。秋の枯葉掃除は大変ですが、陽射しから歩行者を守ってくれる有難さ、新緑の美しさで気持ちを和ませてもらえる嬉しさを忘れずにこの秋は落ち葉掃除をしたいものです。

最近は耳にしません

最近は「心頭滅却すれば火もまた涼し」という言葉を耳にすることが無くなりました。もちろん自分からこの言葉を発することもありません。この猛暑の中でこんな言葉を発したらそれこそ“炎上”してしまい“涼し”どころではなくなると思います。昔とは比べ物にならない暑さが続きます。無理をなさらず、熱中症予防を心掛けましょう。