自己管理能力が求められる時代に

最近は自宅にいる時間が長くなっています。改めて気づかされたのですが、仕事をしていると毎日のリズムが整うので健康には良いものですね。最近はブラック企業という言葉をよく見かけますが、普通に仕事をしている会社は従業員の健康も守っていると感じます。起床時間、食事の時間、通勤のためのほどよい歩行など。在宅にすると高度な自己管理能力が必要となります。受験生が予備校や塾で勉強することと自宅のみで勉強することの違いに似ているのかな。自宅のみはゲームや間食、スマホなど誘惑も多いですものね。

ここにも社会を支える人が

不要不急の外出自粛や人との接触を8割削減といった要請が出ている中、企業の業績が悪化しています。国や自治体から様々な支援策が出されており、今月は何回か書類の提出や説明を受けるために京都労働局の助成金窓口を訪問しています。窓口は今の世の中の混乱を象徴するような混雑ぶりで、窓口での相談は申し込みから半月以上先になる状況でした。日本でも医療崩壊が心配されていますが、助成金窓口も“崩壊”に近い状態です。それでも職員の方は笑顔を失わず対応されてます。このご時世に多くの人と接することには不安もあると思いますが、新型コロナで打撃を受けている企業のために職務を全うされる姿には頭が下がる思いです。色々な人々の頑張りで社会が支えられていることを改めて認識いたしました。

この先にあるもの

ゑり善本店は現在 交替で休みを取り、最小限の人数で業務を行っています。スマホやタブレットがあっても何もかも在宅勤務でというと難しい業種だと思います。でも今回の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で仕事の進め方、働き方、そして就職活動のスタイルも大きく変わることと思います。この先の世界はどのように変わって行くのでしょうか?

こんな時にできること

日本全国が緊急事態宣言の対象になりました。国民一人一人が緊張感と自覚を持って感染防止に努めなければなりません。でも精神的に参らないように気分転換は必要です。この時期に「どうぞご来店ください」と お声掛けするのもどうかと思いますので、画像ででも着物を楽しんでいただくのも良いかもしれません。