季節の移ろい

世界各地で新型コロナウイルスの感染拡大によって大混乱が生じています。でも自然界はお構いなしに季節を移ろわせます。当たり前の事ですが、大変なのは人間だけなのです。だから、人間は雄大な自然に魅せられるのかも知れません。春めいた日に ふと思いました。

忘却について

昨日の伝言板にも書きましたが 新入社員の入社が近づいています。ここ数日は研修の資料準備や研修内容の構想などに時間を掛けています。「こういうことも大切だから伝えておこう」「これもわかっていなきゃいけないな」などと研修内容を組み立てるのですが、なかなか全てを頭に入れて現場で仕事をしてはもらえません。研修担当の悲しいところです。

話しが変わりますが、ずっと前に人に貸していた書籍が本日返ってきました。私は貸したことをすっかり忘れていたどころか、その書籍を所有していたことさえも忘れていたのです。目の前にある仕事に追われていると忘れてしまうのですね。「研修内容を全て覚えることが出来ないのは仕方ない」そう思った出来事でした。

意外と人出が多い休日でした

先日の日曜日に京都の三条通などを歩いて感じたのですが、意外と人出が多かったです。これまでのような外国人観光客の方は少なくなりましたが、10代、20代かと思われるような世代の方が多い気がしました。新型コロナウイルスの不安はありますが、家に籠っていることで受けるストレスも心配です。出かけたくなる気持ちもわかります。

先を読むことは難しい時代です

最近は予測できない現象が多くなった気がします。「消費増税前には駆け込み需要が増える」「オリンピック開催前には世の中が沸き立ち景気が活気づく」どちらも予測が外れました。過去の経験や記録をもとに予測をしても その通りにならない世の中になっているのですね。それでも私たちは未来を予測して手を打って行かなければなりません。今年の就職戦線はどうなるのでしょうか?予測が難しいです。