ずっとここに

8月はいつもより少し時間に余裕があるので、自分の机に立ててある書類をはじめ、身の回りを整理していました。すると、私が総務部に来るずっと前(ものによっては、私がまだこの世に生まれてもいない頃)の本や雑誌がいくつか出てきました。活字やイラスト、紙の色…いろいろな角度で時代を感じるものばかりですが、少し読んでみると「なるほど」と ためになるものもありました。読む人や使う人、そして周りの環境が変わっても、この本はずっとここにいたのかと思うと、何だか感慨深い気持ちになりました。ただ、新しい資料もどんどん入ってきます。名残惜しいですが、入れ替えも必要ですね。

いずれ食卓に

昨日、百貨店の食料品売場を通ったら、生さんまが売られていました。少し秋を感じる風が吹いていただけに夏の終わりを感じました。初物のご祝儀相場だったからかも知れませんが、一匹900円以上していたので眺めるだけにしました。食欲の秋も近づいて来ましたね。

秋の知らせ

今朝、窓を開けたら爽やかな風が吹き、少しひんやりした空気が入って来ました。昨日の送り火で「お盆も終わったんだな」と感じていた矢先に “秋”がやってきたようで、何だか嬉しくなりました。きっと、厳しい残暑が待っているのでしょうが、今日一日は 秋 の足音を感じるような気持ちのいい一日となりました。

平成最後のお盆

交替での休みをいただいていたので本日は久しぶりの出社となりました。お盆の時期なのでお墓参りや、法要の準備など何かと用事があるもので、お花代やお供え物などで、それなりに出費もありました。それでもこの時期にご先祖に向かって手を合わすことで、何だか日頃のふりかえりをしたような気がしました。間もなく京都では五山の送り火が行われます。今年のお盆も間もなく終わります。

お盆

お盆の時期を迎え、社内でも交代で休みを取っている社員が多くいます。今日の職場は少数精鋭(?!)で、静かな一日でした。明日は五山送り火ですね。京都では少し「イベント化」してしまっているようにも思いますが、ご先祖様の魂を見送るための火です。そのことを忘れずに、静かな気持ちで眺めたいと思います。