暦(こよみ)を実感するとき

お盆休み、みなさんはいかがお過ごしですか。ゆっくりされている方、何かとお忙しくされている方、色々だと思います。私は昨日まで連休をいただいておりました。このところ、少し気温が下がったように感じます。夜に外へ出ると、ムッと暑い感じはなく、涼しい風が吹いている日もあります。「もう秋」なんて甘いことはないと思いますが、『立秋』が過ぎると本当に秋が近寄ってきてるのかな、と実感しています。

心置きなく

本日は社内の出勤者も少なく、フロア内で1人になることも多かったです。時折 人の出入りはあったのですが、1人だと確かに仕事は捗ります。溜まっていた仕事も ある程度片付いたし、明日からは心置きなく休みが取れそうです。

気配を探して

先日の月曜日が立秋、でもまだまだ暑いですね。立秋の「立」の時には始まるという意味もあるそうで、「旅立つ」という使い方もします。だから秋が始まるのが立秋。まだまだ暑さは残りますが、少しづつ秋の気配が表れます。朝の空気の中に少し爽やかさを感じたり、日の入りが いつの間にか早くなっていることに気付いたりして わずかな涼感を味わうのも風情があって良いものです。

今日の時間

昨日の投稿にもありましたが、今日はインターンシップを実施しました。参加者の皆さん、それぞれの立場で感じることがあったと思いますので、また今後に活かしていただければ嬉しいです。私たちも、今日出会った方々とのご縁を大切にし、そして、今日の時間を次のステップへ繋げていこうと思います。

明日 開催します

明日はインターンシップを開催します。スケジュールやマンパワーの制約があり、半日のものを1度だけ行うことになりました。夏にインターンシップを開催するのは初めてなのですが、参加して下さった方には「来てよかった」と思える内容にしたいです。