絵本の中の「おとな」

私は小さい頃、絵本を読むのが大好きでした。その中でも特に好きだった数冊は、今でも自宅の本棚に入れています。それでも普段、ページを開くことはなかなかありませんでしたが、先日ふと思い出して、久々に読んでみました。そこで感じたのは、絵本には、大人の日常には無い、独特の世界があるということです。「そんなこと、現実に起こるわけない」という出来事を、主人公はもちろん、絵本の世界の大人たちは受け入れている…。絵本に出てくる「大人たち」の器の大きさ、のようなものを感じました。絵本は子供の読み物、ではなく、社会に出てから読んでも新しい発見がありそうです。