慣れ = 鈍感 ?

最近、手すきの時間に“仕事の整理”をしています。自分が総務部に来てから3年目になりますので、その間にやり方を変えたり、会社の都合で変更になった業務も多々あります。自分はそれをわかっているつもりでも、仕事の属人化を防ぐ「誰でもわかるように」を目指すには、文章化するなどして記録しておかないといけません。というわけで、今日も出退勤管理の仕事について書き出していました。普段は何気なくしている業務でも、書き出してみるととても煩雑で不便な仕組みだな…と感じることもあります。「慣れ」は自分を「鈍感」にさせることを実感したので、今後も仕事の整理を続けて、業務を客観視していきたいです。