働き方改革で思うこと

「働い方改革」という言葉を耳にされた方も多いと思います。残業時間の制限や有休休暇の取得の推進などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。世の中には「残業もたくさんやって給与を増やしたい」と考えている人や「子育てや介護で残業は無理」と言う環境の方もいらっしゃいます。それぞれの立場や考えを認めることは大切です。ただ言えることは企業が利益を生み、存続すること、そのことによってお客様の満足と従業員の働く場所と生活を護るためには生産性の向上は不可欠です。重要性の低い業務をダラダラと続けることは論外ですが、決められた時間内で成果を上げるためには 業務内容を見直し「やらないこと」を切り捨てる勇気が必要です。“前任者がやっていたから”という理由で行われている業務の必要性を見直すこと、これも働き方改革に結びつくことです。