社員より

今ゑり善で働いている社員も皆さんと同じように不安になったり、楽しさや悔しさ、喜びを感じながら就職活動をしていました。
ゑり善社員より、皆さんに向けてエールを送ります。

無駄なことはありません 【京都 一般職】

店頭女性就職活動を始めたばかりの頃はメーカーの営業職や事務職を希望していたため、まさか呉服屋で働くことになるとは思ってもいませんでした。
ある会社説明会に参加した帰り道に偶然呉服店を見つけ、店員さんと親しくなるうちに呉服店も選択肢の一つになりました。
就職活動中は会社や人との出会いがたくさんあると思います。どんな小さなことでも何一つ無駄なことはありません。全ての出会いを大切に、諦めず立ち向かっていってください。

じぶんの心に響く会社 【東京 営業職】

接客何をしたいのか分からない。自分には何が向いているんだろう。就職活動をする中で、誰しもが一度は考え、思い悩むことだと思います。そうした問いに答えを見出せない時、私は行動することをおすすめします。時間が許す限り、どこかの会社説明会に参加してみて、いろんな人の話を聞いてみる。そうしていく中で、必ず自分の心に響く会社に出会えると思います。
就職活動は、受験勉強のように試験日が決まっている訳でもなく、やろうと思えばどこまでも続けていく事が可能です。焦らず、自分らしい就職活動の仕方を見つけていってください。

どんなことにアツくなれる? 【東京 営業職】

自分がやりがいを持って働ける仕事が何よりも大切だと思います。企業の規模、お給料などとは別に「どんなことにアツくなれるのか」ということも改めて考えてみるのもよいかもしれません。

自分だけの良い企業を探す 【京都 一般職】

店頭女性誰もが知っている良い企業より、自分だけの良い企業を探すことの大切さを学びました。学生さんにもそう探してほしいです。就職活動で行う企業研究の目的は、株式投資でも学問研究でもないと思いますし、あくまでも自分個人が就職するためのものだと思います。
例えば、Aさんにとってよい企業がBさんにとってもよいとは限りませんし。就職先の選択に、すべての人に通用する客観的基準がないのは(あれば楽なんですが)、人によって就職先に求めるもの、職業観が違うからだと思います。自分にとってふさわしいと思える企業を探してほしいです。もちろん客観的なデータを軽視してよいというわけではないですが、最後の判断は自分自身だということを大事にしていただきたいです。