《有職織物》 喜多川俵二

喜多川俵二
喜多川俵二氏は、室町時代より続く西陣の織元「俵屋」の18代目で、父である喜多川平朗氏(故・重要無形文化財保持者「羅」「有職織物」)の次男として生まれました。
俵二氏は、平朗氏のもとで織の技術を学び、1999年には「有職織物」の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。
皇室の儀式用装束や伊勢神宮の御神宝、装束などを制作するほか、正倉院御物などの古代織物の復元など、有職織物の復元や制作に取り組んでこられました。

有職織物とは

有職織物とは、奈良時代に唐より伝わり、平安時代以降に日本人の好みに合わせて和様化したもので、宮廷をはじめ公家の間で装束、調度などに用いられた織物のことです。
公家の装束や調度は色彩、文様、織の組織まで決まりごとが定められていました。その様式を守って織り上げられた有職織物は、品のある色調と洗練された文様で、日本の美の原点を伝えてくれます。
技法としては、綾・浮織物・二倍(ふたえ)織物・錦・羅・紗・縠(こく)などがあり、襲の色目を生かすための単色での表現、また織りで文様を表すため、幾何学的な繰り返し文様を特色としています。
現在も皇室の儀式用装束や神宮式服、神宝、袈裟などに用いられているほか、帯地などに写され、一般の目に触れる機会も増えました。

喜多川俵二 略歴
1936年(昭和11年) 京都生まれ
1988年(昭和63年) 「俵屋」18代を継承
1989年(平成元年) 伊勢神宮式年遷宮神宝装束「錦」「羅」「紗」等を製織
1990年(平成2年) 秋篠宮殿下・紀子さま御婚儀装束「御即帯」「十二単」製織
天皇御即位御大典御装束「御即帯」「十二単」製織
1993年(平成5年) 皇太子殿下・雅子さま御婚儀装束「御即帯」「十二単」製織
1999年(平成11年) 重要無形文化財「有職織物」の保持者に認定
2005年(平成17年) 京都迎賓館に装束と几帳を納める
伊勢神宮式年遷宮御神宝装束「羅」製織
2006年(平成18年) 旭日小授賞受賞
伊勢神宮式年遷宮御神宝装束「紗」製織