京都三大祭 葵祭

王朝のころ平安京の守護神、賀茂の大神に対して年に一度朝廷から勅使を使わせ奉謝の礼をしたのが始まりです。その勅使に神より返礼として「葵」の一株が与えられました。
風呂敷としてはもちろん、室内装飾、海外へのお土産としてもご利用いただけます。

品名 美術風呂敷「葵祭」【006】
5月15日(徳力富吉郎原画)
価格 2,700円
素材 綿100%
サイズ 105cm×105cm
備考 和文・英文の解説書付
和紙の包み紙にお入れしております

◇風呂敷のネーム入について◇
ペンテックス(樹脂の顔料)/刺繍のどちらかにて風呂敷に姓、または名をお入れいたします。

ペンテックス(4文字以上)…¥648
刺繍…¥540

文字の色をご指定いただけます。
文字数が多い場合や特殊なデザインの場合は別途型代を頂戴しております。
仕上がりには2週間程度のお時間をいただきます。