念珠袋「般若心経」

京都山科の勧修寺塔頭・仏光院の庵主であった大石順教尼は、17歳の若き日に両腕を失いました。しかし、彼女はその出来事に負けることなく、筆を口にくわえて書画を学び、優れた作品を数々残され、多くの人々に生きる希望を与える存在となりました。
順教尼口筆の般若心経を描いたお念珠袋からは、思いやりにあふれた心遣いが伝わります。

品名 念珠袋「般若心経」【030】
価格 3,240円
素材 表地: 絹100%
サイズ 縦20cm×横15cm
カラー 黒・グレー