10月31日

本日はハロウィンですね。皆さんの中には仮装を楽しまれる方もいらっしゃるのでしょうか? ハロウィンの私は仮装をしたことがありませんが、非日常的な時間を楽しんでストレスを解消するのも悪くないかもしれませんね。

頭の中では…

暑かったり寒かったりを繰り返しているうちに、いよいよ11月がやってきますね。総務部の仕事の一つに、月ごとの出勤表(シフト表)の作成があるのですが、その仕事をしていると、頭の中ではもう来月を迎えていて、さらにその先のことを考えていると、いつの間にか年が明けていることもあります…。計画を立てることはもちろん大切ですが、必要以上の焦りを感じるのも身体によくないな、と思いました。

歴史は長くても

本日は販売促進の会議がありました。430年以上の歴史があるとはいえ、これまでのやり方、方法を踏襲しているだけでは いつの間にか時代やお客様の思いから離れたものになってしまいます。常にこれまでの方法を疑ってみること、変えるべきところと変えてはならないところを見極めること、大切なことですよ。

息づかい

先日、奈良国立博物館で行われている『正倉院展』を観てきました。展示品の一つに、当時の「戸籍」がありました。それを見た時、その時代に生きた「人」がいるのだ、という不思議な実感が湧きました。ガラスの向こうの宝物(ほうもつ)たちは、手の届かない遥か昔のものです。でも、それを「作った人」「使った人」「書いた人」が本当にいたのだ、という、今まで感じたことのなかった「人々の息づかい」を感じ、“歴史”が以前より身近に感じられました。

展示会の出張

11月を中心にゑり善はバーゲンセール中心の展開になります。その皮切りに昨日から名古屋で“蔵ざらえ”というセールを行っています。京都からも3名ほど出張して展示会の手伝いをしています。このように京都、東京、名古屋の各店間で展示会の際には応援のための行き来があります。勤務地以外の店のこともわかるので面白いですよ。