いつものこと

ゑり善に勤め始めて当たり前のようになっていることがあります。それは、「着物を毎日 目にできること」です。京都は普段でも街中で着物を着て歩く方を見かける場所ではありますが、身近で、いつでも触れられる環境にあることは、なかなかないことだと思います。当たり前だと思うことを改めて再認識する機会を持つことも大切にしたいですね。

どうなるのでしょうか

16年卒の就職活動は選考開始の時期が後ろ倒しになり学生、企業の双方に混乱が見られました。各方面からの評判も芳しいものは少なかったですね。

17年卒のスケジュールがどうなるのか不透明ですが 何らかの変更は行われると思います。そろそろ確定してくれないと次年度の計画が立てにくいです。どうなることでしょうか?

晴天ナリ

日曜、月曜ととても良い天気でしたね。日曜はお出掛けされた方も多かったのではないでしょうか。今朝の天気予報の中で「……夏日になります。……」という言葉が出てきていたことに少し驚きました。朝夕がすっかり涼しくなってきたので、暑かった夏を忘れていたのですが、まだ夏の名残があるのだな、と思いました。

社外に出たら

昼から外出する機会がありました。 色づき始めた街路樹の葉にやさしい秋の日差しが当たって美しかったです。仕事でたくさんの課題を前にしているときでも 季節の移り変わりに心を止めるひとときを持つことは大切です。真夏の猛暑や冬場の底冷えがする朝は辛いけれど それでも四季のある国で暮らすことは素敵だと思います。

練習の練習

何でも良いのですが、何かしら“練習”ということをほとんどの方が経験しているかと思います。試験に向けて、試合に向けて、発表会や練習のための練習というのもあるかもしれませんね。楽器の演奏で、初見の楽譜で演奏をする、というのが練習方法としてあるようです。これは日々の練習があるからこそ、できることですよね。諦めずに積み重ねていくことで、何かが開けてくることがあると思います。