短い出会いを活かすには

昨日は京都経済センターで、大学キャリアセンターの方と企業の採用担当者との名刺交換会が行われ、私も参加いたしました。200人を超えるような人数の採用担当者が集まり、大学キャリアセンターの方と名刺交換と挨拶を行うのですが、大学側の方の前には順番待ちの長い列ができてしまい、長時間お話をすることが出来ません。短い時間の出会いを如何に有効なものにするか、結構難しいところです。翌日のお礼メールは効果があると思います。と思ったので本日、何通かのメールを書きました。何事も実行が大切です。