春の兆し

昨日は、各地で冬とは思えない暖かさが記録されたようです。ちょうど2月4日は「立春」でもあり、まさに文字通り「春」の始まりを告げるかのような一日でした。外を歩くと「寒いっ」という感覚が無くとても心地よい一方で、「この暖かさは何かを思い出す……花粉だ!」と、少しだけ憂鬱な気持ちになってしまうのが残念です。とはいえ、京都の冬は本当に寒いですから、少しずつ暖かくなるこれからの日々を楽しみにしたいと思います。