日本伝統工芸展

昨日、仕事の帰りに京都髙島屋で開催されている“日本伝統工芸展”を観てきました。陶芸や漆芸、金工など日本を代表する作家によって創作された展示品は見ごたえがありました。そして何と言っても呉服店の仕事に関係が深いのは染織部門です。展示してある着物の美しさやデザインに感心するだけではなく、どのような人が着たら一番似合うのかを想像しながら拝見しました。仕事帰りだったので鑑賞できる時間が短かったのが残念でした。