感慨深く

「平成最後」という言葉を昨年末頃から、多く耳にしていますが、最近は書類などに“平成”の文字を記入すると本当にあとわずかになったなぁと少し感慨深くなります。今年の就活生は就職先では「令和最初の新卒社員」と呼ばれることになるのでしょうね。