思わぬ方から

先週末は名古屋で開催された蔵ざらえ(大感謝セール)のお手伝いに出張してました。売出し会場では社員は名札を付けるのですが、私の名札をご覧になったお客様から「吉川さん? 伝言板を書いてられる方ですか?」とお声掛けいただきました。ときどきこの伝言板をご覧いただいているとのこと。思いがけない方にもお読みいただいていることを知り、更に気を引き締めて書かなければならないと痛感いたしました。仕事でも何でも、自分が想定している範囲を超える方の目にも触れるということを肝に銘じなければならないと教えられた出来事でした。