パネルディスカッション

昨日、佛教大学で行われたキャリア教育の授業に参加させていただきました。若手の事務職一人ずつ(計3社)が参加し、パネラーである講師の方から様々なインタビューを受ける、というものでした。パネスディスカッションは初めてだったので緊張しましたが、他社の参加者の方の話を聞くことができ、私自身も大変勉強になりました。全く異なる業界で働く事務職の方々…仕事への取り組み方や、なぜその会社に入社したのか、など「本当にさまざま」だと実感しました。学生の皆さんの目の前に立ちはだかる「就職活動」という壁は、大きく手ごわいものに感じるかもしれませんが、高校→大学→就職 だけが人生の正解ではないことも、今回の参加者の方の話を聞き、私自身が感じたことです。自分が納得のいく人生を歩むことが一番大切なんですね。