イメージすること

四条通のアーケードの装飾は昨夜のクリスマスから今朝には迎春に変わっていました。夜中に作業をされたのでしょうね。何気なく見ているもの、当たり前のように利用しているもの、色々なものの背景には、人知れず働いている方がいるものです。あのアーケード装飾の取り換えは何人ぐらいの人がどれぐらいの時間を掛けて行っているのでしょうか?なかなかイメージできません。