どことなく…

今朝、嬉しいことがありました。ベランダで母が育てていた朝顔が、ようやく咲いたのです。ついこの間までは蕾さえなく、本当に咲くのか、この夏は咲かずに終わってしまうのか…と不安に思っていたのですが、数日前から薄ピンクの蕾がつきました。その朝顔は別名「金魚の舞」と呼ばれているそうです。確かに、花びらが柔らかくフサっとしていて、どことなく金魚が尾を振っている姿に思えてきます。鮮やかな朝顔とはまた違い、薄い色でとても繊細、上品な雰囲気です。はかなく散ってしまいそうな姿ですが、あと何日か楽しませてほしいです。